Amazon輸入ビジネス

Amazonの複雑な納品作業をプライスター使って簡単に終わらせる方法

投稿日:

輸入ビジネスにおいて商品登録作業と納品作業は手作業で行うと上位3位に入るぐらいの複雑さ・面倒さがあります。

わたしは過去に、これらの作業を手動で行っていました。というのも、わたしのコンサルの先生が手作業での手順を教えてくれたからです。

あまりにも効率が悪いため自動化プログラムまで作って効率をあげていたのですが、実は商品登録作業・納品作業は一括で行う方法があったのです。

輸入ビジネスでコンサルを受ける良いところメリットコンサル受けるべき?輸入ビジネスでコンサル受けて良かったと思う5のこと
以前、コンサルなど不要!という記事を書きました。 上記の記事での結論としては、コンサルは受けなくても稼ぐことは可能である...

知らないってこわいですよね。わたしはこれにより多くの時間を無駄にしてきましたが、この記事を読むあなたはぜひとも納品作業の効率を上げてもらたいです。

プライスターを使って商品を納品する手順

商品登録を終わらせておく

納品作業の前に、かならず商品登録作業を終わらせておいてください。商品登録作業については下記の記事を参考にしてください。

プライスターを使った商品一括登録手順面倒な商品登録作業をプライスター使って効率よく完了させる方法
先日、プライスターを導入すべき理由という記事を書きました。 プライスターには自動価格改定機能以外に、売上管理や商品登録・...

商品登録作業が完了すると、登録した商品を納品することができるようになります。

プライスターで納品する

まずはプライスターの管理画面を開いて、『出品する』にマウスポインタをあて、『FBA商品の配送を行う』を選択します。

プライスターから納品作業を行う

登録した商品の一覧が表示されますので、納品した商品にチェックを入れていきます

納品する商品にチェックを入れる

チェックが完了しましたら、画面の一番下にある『選択した商品をFBA納品する』をクリックします。

チェックした商品をFBA納品する

下記の画像にしたがって、発送情報を入力します。

発送情報を入力する

画面の一番下にある『登録』をクリックします。

発送情報入力後、登録する

商品のラベルを印刷して貼り付け、梱包したら配送ラベルをダンボールに貼り付け、指定された住所に配送します。追跡番号を入力して完了です。(FBAパートナーキャリアを使用する場合はもう少し下のほうに説明があります)

プライスターを使った納品作業

商品ラベルを貼るときには当ブログで公開している『egLabel』がおすすめです。(使ってくれてますかね?結構想い入れのある便利なツールなのですが…)

FBA納品作業を楽にするためのツールFBA納品でラベルと商品の関連付けを楽にするツール『egLabel』
AmazonのFBA納品を自分でやっている方、毎回商品にラベルを貼るのに苦戦していませんか? FBA納品は代行することもできますが、利益...

わたしはいつもノートパソコンに納品する商品の画像を一覧表示させ、それを見ながらラベルを貼っています。

FBAパートナーキャリアを使って納品する場合

ちなみに、FBAパートナーキャリアを使う場合はセラーセントラルを開いて設定します。『セラーセントラルでこの納品プランを開く』を選択し、セラーセントラルから納品作業を完了させます。

納品プランでFBAパートナーキャリアを設定する

配送方法でFBAパートナーキャリアを選択し、発送するダンボールの数と重量やサイズを設定します。

配送方法の指定とダンボールサイズを指定

ダンボールの設定をしましたら、少し画面を下にスクロールして、『確認する』ボタンをクリックします。

配送確認のボタンを押す

確認ボタンを押すと、配送料について表示されますので、『計算する』ボタンをクリックします。

配送の計算をする

FBAパートナーキャリアの利用規約を一読した上で、問題がなければチェックを入れます。チェックを入れたら『請求額を承認』をクリックします。

FBAキャリアパートナーに同意、請求額を承認する

配送ラベルを印刷してダンボールに貼り付けましょう。『クリックすると納品が完了します』をクリックします。

配送ラベルを印刷し、納品を完了する

以上で納品作業は完了です。あとはダンボールを発送するだけです。

2017年はFBAパートナーキャリアを使うと送料無料ですが、郵便局にダンボールを持ち込まないといけない、と言われています。

しかし、わたしは常に集荷に来てもらっていて、それでもしっかり無料で配送してくれます。(わたしだけ?保証はできません)

集荷は下記ページより依頼します。(記事の画像はクロネコヤマトですが郵便局なので注意)

⇒郵便局web集荷サービスはこちら

郵便局に集荷に来てもらう

まとめ

Amazonのセラーセントラルからやっているともう少し面倒です。ページを移動する回数が多いものでして。

プライスターは自動価格改定だけではなく、商品登録や納品作業も楽にしてくれるのがいいですね。

ただ、プライスターを通して印刷するラベルは貼りやすい、などとプライスター自身が言っていますが、わたしはさほど貼りやすい気はしていません。

やっぱりラベルの商品名がつぶれて印刷されてしまうのが問題なんですよね。

プライスターを導入していないと価格改定や商品登録・納品作業など苦痛な作業をしなければなりません。わたしとしましては、できれば初心者のうちからプライスターは導入しておいたほうが良いと思います。

お金がなくても経費節約したくてもプライスターは導入しよう[特典付き]どんなにお金がなくてもプライスターだけは導入すべき5つの理由
輸入ビジネスについて情報収集をしていると、かならず耳にするのがプライスターというツールです。 プライスターとは、自動価格更新...

-Amazon輸入ビジネス
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.