この人なんで無料でリサーチツール公開できるんだろう?

ツールについて

気前良すぎ?私はなぜ自作のリサーチツールを無料で公開しているのか?

投稿日:

当ブログでは自作のリサーチツールを公開しています。ベクターにも登録していて、誰でもダウンロード可能です。

輸入ビジネス向けツールstocker輸入ビジネスに特化した無料のリサーチツール『Stocker』公開
輸入ビジネスではリサーチに多くの時間を費やす必要があり、ここをいかに作業効率を上げていくかが重要になってきます。 わたしの本...

普通だったらリサーチツールって何万円もしたり、月額で5,000円ぐらい取られたり、ランサーズやクラウドワークスで何万円もかけて開発依頼したりしますよね。

今回はなぜわたしがツールを無料で公開しているのかについて書いてみます。

まずは自作のリサーチツールを知ってもらいたい

多くの人はツールを疑っている

Amazonで物販だけしているとなかなか見えてこないことですが、人が物を買うまでにいたるにはいくつかの壁があります。

Amazonに来るお客さんは商品のことを知っていて買うつもりで商品を眺めています。ですが、お客さんになる前、つまり見込み客は商品のことを疑っていますし、そもそも商品のことすら知らないという人も多いです。

また、リサーチツールは例のごとく毒々しい広告で『今買わないと損しますよ!?』という感じで煽ってきます。非常に気分が悪いですよね。

リサーチツール=怪しいという認識が刷り込まれていると考えています。まずはそれを払拭する必要があるのです。

売れないツールの残念ポイント

わたしが考える売れないツールの特徴には下記があると考えています。

  • 試せない
  • 価格が適正ではない
  • 購入後の利益を想像できない

リサーチツールはホントに高価なものが多いです。初月は半額~とかありますが、翌月からは月額5,000円とかになります。

それなりの経費がかかるのですが、ツールを使ったあとの利益・ベネフィットを想像できないのです。

わたしのツールはβテスト版で完全無料です。いつ出るかわからない正式版はまだ検討中ですが。

そう、安くするのではダメ、無料で試せなければならないのです。

なぜそんな利益を無視してツール配布ができるのか?

すべて個人でやっているから

当ブログで公開しているツールの開発体制は下記のようになっています。

  • 企画 … 自分
  • webマーケティング … 自分
  • 設計 … 自分
  • プログラミング … 自分
  • テスト … 自分とお友達数名

ほとんどが自分でやっているので開発コストがほぼゼロです。

テストについては輸入ビジネスを通して知り合ったお友達に手伝ってもらっています。ツールを無料提供し使用方法などサポートする代わりに不具合を見つけたら報告してもらったり使用感を聞かせてもらっています。

ツール開発にほとんどコストをかけていないため無料公開できます。仮に有料化させたとしても月額500円もかからないぐらいじゃないでしょうかね?

ツール開発の規模を最小限にしている

わたしは本業の片手間に個人でツール開発をしています。そのため、あまり大きな規模のツール開発はできませんし、その後のサポートも万全な体制を維持できるとも限りません。

わたしが作成するツールは開発規模を最小限にさせています。

たとえば、リサーチツールのStockerだと結果をcsvで出力するだけです。利益計算もさせないしエクセルに書き出すようなこともしていません。

エクセルでできることはエクセルでやる』、これがわたしのモットーです。

なぁんだ、ショボイな…と思われたかもしれませんが、仮に利益計算もできてエクセルにも書き出せるツールをランサーズとかで開発依頼してみてください。

開発費は高くつくしバグは出るし、逆に時間とお金がかかるかもしれません。そして大半のエンジニアはバグ修正でもお金を取るはずです。

バグが出た時、エンジニアの魔法の言葉を放ちます。『仕様です』と。

リアルな現場の話だと、動かない物を納品してきても仕様と言われることもあります。それだけエンジニアに完璧な要求を伝えることはむずかしいのです。

なんでもかんでもツールにやらせる、開発規模を大きくすることが必ずしもWin-Winとは限らないわけです。

ツールはなぜ高価なのか?

リサーチツールを販売しているのはたいてい法人で販売していますよね。

ほとんどの企業はリサーチツールを人を雇って開発しているはずです。ツール作成を外部委託しているかもしれません。

つまりそれだけ人件費にお金を使っているから高いのです。

ツール開発を外部委託している場合は、著作権が委託先になるのでツールひとつ販売するたびにライセンス料が取られます。

個人の手に渡るころには中間マージンがたくさん発生しているため、どうしても高価になってしまいがちです。

キラーコンテンツにしたい

わたしはブログ・アフィリエイトでも収入があります。輸入ビジネスと同じようにこちらもライバルが大量に湧いています。

情報が溢れかえっている時代ですので、ブログ・アフィリエイトではいかにオリジナリティを出すかが問われます。

たったの1ページで毎月何十万と稼ぐこともできるのが面白いところなのですが、やはりそれだけオリジナルのコンテンツ、他のブログと差別化されたキラーコンテンツが必要になるわけです。

わたしの得意分野はプログラミングですので、ある意味試験的にツールを無料公開している、というのもあります。

無料でツールを公開することのデメリット

タダより高い物はない、などと言ったりしますよね。

無料だと思っていたら結果的に高くつくような、詐欺っぽい商品があったりします。

そう、無料のほうが逆に人に信用されないということもあるのです。

なので、今回はなぜ無料でツールを公開できるのかを書いてみたわけです。

まとめ

まとめると下記です。

  • まず認知してもらいたい
  • 無料で公開できるのは開発コストが極小だから
  • キラーコンテンツの効果測定

毒なんかは入っていませんので、ぜひ使ってもらえればと思います。また、気に入っていただけたらお友達に紹介したり、ブログなどやっている方はリンク貼って紹介もらえるとうれしいです。

-ツールについて
-,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.