運営情報・雑記

Amazon APIキー取得がほぼ不可能になったため、AsinStockerの新規ライセンス発行を2018年11月18日に終了します

投稿日:

最近はAmazonのAPI(MWS API、Product Advertising API)に関する変動が激しいです。

すでにAPIキーを発行されている方はいまのところ何も問題はありませんが、

  • これから輸入ビジネスを始めよう
  • 手作業に限界感じてきたのでツールを使ってみよう

そんな方はこれからAPIキーを発行しようとし、発行しようにもAmazon様のよくわからない事情により発行ができない状況です。お問い合わせも多く、APIキーの発行からサポートしており時間が取られてしまっています。時間かけたわりに結局APIキー取得できなかった、という結果ばかり…。

この先、APIキー取得についてなんらかの手法がweb上に公開されるのかもしれませんが、おそらくイタチごっこでしょう。

Amazonとお仕事するってそういうことです。

AsinStockerの新規ライセンス購入受付は2018年11月18日に終了します。

AsinStockerは現在配布しているものまでとします。この先、ふたたびAsinStockerが手に入ることはありません。ご理解・ご了承ください。

すでに発行されたライセンス、ツール自体は継続して利用することができます。

 

AsinStcokerの上位版・後継とか…現時点では構想はあるもののやる気が足りないです。

webアプリにすることが必須になりますが、労力が5倍~10倍違ってきます。

どうしてもAsinStocker的なツールがほしい!Takewariの代わりがほしい!モノレートが使えなくなったときのバックアップがほしい!という方は…むしろ一緒に開発してみませんか?外注とか使って。エンジニア同士のお話はわたしがします。興味があればお問い合わせより。

webアプリを作る上での注意点がセキュリティ面。webアプリにわたしのAPIキーなどを組み込むことになりますが、生半可なセキュリティ対策ではクラックされますゆえ…。

webのセキュリティ面はWordPressを使う、WordPressをベースに改造すれば良いという話かもしれませんが、GPLという強力なライセンスがつきまとうゆえ、労力をかけても利益にならない可能性も非常に高いです。

GPLってなに?

ライセンス形式の1つ。GPLでライセンスされたソースコードを利用して作られたアプリはGPLでライセンスされることになる。GPLは『再配布可能』、『ソースコード開示義務』が特徴で、一生懸命作った有料アプリでも実質、手に入れた人は無償で再配布してもいいし、転売してOKみたいな状態。そもそもソースコードが開示されているはずなので有料アプリなんて買う必要もなかったりする。
ちなみにWordPressのテーマもGPL。細かい条件があり少々変更は必要ですが有料テーマでも手に入れたら無料で再配布してもいいし、転売してもいいという。高額テーマの賢威やAFFINGERも有料で買う必要も実はない…はず。ソースコードが手に入れば。

WordPressテーマのAFFINGERは不正転売が横行していたようですね。おそらくGPLを誤解釈したのでしょう。

GPLって面白くないですか?転売屋とかだったら食いつきそうなネタな気がしますけど、どうでしょう?

ちなみにわたしは、今度はWordPressテーマ屋さんやってみようかなとか思ってます。

なんか話が変わってきちゃいまいしたが、伝えたいことはAsinStockerの新規ライセンス購入受付は2018年11月18日までに終了します、ということです。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-運営情報・雑記

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.