輸入ビジネスのクレカ情報は俺が守る!

Amazon輸入ビジネス

輸入ビジネスはウィルスソフトのネット決済保護でクレカ情報を守る

投稿日:

あなたはウィルスソフトをしっかりインストールしていますか?

わたしはウィルスソフトにカスペルスキーを使っています。

輸入ビジネスをやるならウィルスソフトは必須です。アメリカのwebサイトは怪しいサイトが多いですからね。

わたしはたいして英語はできませんが、英語がわからないということは自分がどれだけ信頼のできるwebサイトを閲覧しているかということもわからないんです。

以前にもインターネットのセキュリティについて記事を書きました。大切なことなので何度か書いていきたいと思います。

輸入ビジネスのセキュリティ、クレジットカード情報漏えい防止海外webサイトはウィルスの温床!クレジットカード情報漏えいを防ぐには?
わたしの知る限りでは海外のwebサイト経由でクレジットカード情報が漏れてしまったという人を何人か知っています。 1人ではありませ...

日本でも同じことがいえますが、野良ネットショップのクレジットカード決済って怖いです。そういうところからクレジットカード情報って漏れていきます。

クレジットカード情報は漏れる!

クレジットカード情報漏らしちまったよ…

輸入ビジネスでクレジットカード情報が漏れると営業停止につながる

『クレジットカード情報なんて漏れたこと無い!』という人のほうが多いと思いますが、輸入ビジネスのようにクレジットカードを多用していると情報が漏洩してしまったなんていう話はちらほら聞く話です。

あなたのクレジットカード情報が漏れてしまったことを想像してみてください。まっさきにクレジットカードを破棄しますよね。

クレジットカードを破棄して再発行するまでには時間がかかります。クレジットカードがなければ仕入れができなくなってしまうのです。

仕入れができなくなるとキャッシュ・フローが悪くなり、最悪の場合は次回の支払いに間に合わない!なんていうことも…。

まぁさすがにそんなカツカツな人はいないと思っていますが。

支払いに間に合わないとあなたの信用が落ちてしまい、クレジットカードの発行ができなくなったりすることもありますし、将来家を買うなど、大きなお金を借りようと思ったときに借りられないということが起こります。

アメリカのネットショップを利用したことでクレジットカード情報が漏れたという話をよく聞く

『いやいや、でもそんなクレジットカード情報なんてもれないでしょう…』と思うかもしれませんが、実際に被害にあった人を何人か知っています。

事情を聞いたところ、やはり『アメリカの野良ネットショップから漏れたのかなぁ?』というお話でした。

PayPalなんかを通していればわりと問題はないと思いますが、野良ネットショップは独自の決済システムを使っていたりして、どのようにクレジットカード情報を管理しているのかまったくわかりません。

しかも、PayPalに見えて実はフィッシングサイトだったりするかもしれません。

セキュリティはかなり高度なスキルが求められますので、野良ネットショップではそこまでお金がかけられないでしょう。

『でも不正利用されたらすぐ気づくし…』と思われるかもしれませんが、実はこれが気づかないのです。『サラミ法』という常套手段があるのです。

ハデに不正利用されればすぐ気づくことができますが、毎日、あるいは毎週、数百円ずつ不正利用されるとなかなか気づくことができません。

うすく、うす~くサラミのように薄切りするような不正利用方法から、『サラミ法』という名前が付けられています。一夜にしてクレジットカード請求が100万円!?なんていうバレバレの不正利用は今の時代ありえないのです。

あなたのクレジットカード情報は漏れるし、不正利用されていることに気づくことができません。

信頼できるウィルスソフトを選ぶ

信頼している証拠

無料・安物ウィルスソフトはダメ!

どうもセキュリティ・ウィルスソフトを軽く見ている人が多いです。セキュリティは目に見えない品質ですからね、仕方のないことかもしれません。

激安ウィルスソフトだとZEROウィルスセキュリティというものがあります。これはわたしはちょっと信用できないかなぁなんていつも思います。

最近ではE-SETというウィルスソフトが流行っているようですね。これは国産のウィルスソフトで、canonが作っています。

高くはない、どちらかというと安い、そんなE-SETですが、信用できないわけではありません。むしろ信用できる部類でしょう。

ただ、わたしがウィルスソフトを選ぶ点で重視していうウィルスソフト制作会社の年数・経験です。

セキュリティに関する技術というのは経験が物を言います。E-SETは比較的新しいウィルスソフトですので、ネット上の口コミだけではどうにも評価しづらかったのです。

老舗で信頼あるウィルスソフトで言うと、下記のものがあります。

  • ノートンアンチウィルス
  • ウィルスバスター
  • カスペルスキー

カスペルスキーはネット決済保護機能があるウィルスソフト

ネット決済の不安を解消してくれて、老舗で信頼できるウィルスソフトはなにか?というと、カスペルスキーというウィルスソフトが候補としてあげられます。わたしも実際に今使っているウィルスソフトです。

このウィルスソフトにはネット決済保護機能という優秀な機能が備わっています。



…あなたはAmazonで買い物する時、それが本当にAmazonのwebサイトかどうか、疑ったことはありますか?

『偽サイトなんてすぐ気づくぜ!』というスーパーハカーがたまにいますが、イマドキの偽サイトは本物と完全一致というぐらいに作られています。ちなみにわたしはフィッシングサイトに98%気づかない自信があります。

ドメインまで一致してたりしますからね。なので、肉眼では見分けなんてまったくできないんです。

そんな偽サイトでフィッシングされてしまうのを防いでくれるのが、カスペルスキーのネット決済保護機能です。

輸入ビジネスは何かとネットショップで決済する機会が多いですからね。わたしはこの機能がほしい、そのためだけにカスペルスキーを選びました。

しかし、デメリットも当然あります。わたしは今までにノートンもウィルスバスターも使ったことがありますが、カスペルスキーは若干重いです。

ですがウィルス検知についてはかなり精度が良くて、わたしが愛用しているハッカー御用達ツール?のデータが消されました。そもそもまともに動かなかったり。

『なんで動かないんだ!』とカスペルスキーのサポートに半ギレで問い合わせたことがあります。まぁそれだけ悪意あるツール?に敏感なのでしょう。

情報は一度流出したら回収できない!できるだけ早い対応が必要!

じゃあいったいいつからウィルスソフト使えばいいの?というと、それはまさしく今です!

クレジットカード情報は一度流出してしまったら回収できません。不正利用されないだけで実はもう流出してしまっているかもしれません。

少しでもリスクを下げたいのであれば、ウィルスソフトの必要性に気づいた今こそ買いどきです。

まとめ

まとめると下記の通りです。

  • 輸入ビジネスやるならウィルスソフトは必須
  • クレジットカード情報流出は誰にでも起こる、他人事ではない
  • 流出したときの被害は大きい
  • ネット決済がすごく多いビジネスなのでネット決済保護機能はおすすめ

ウィルスソフト買おうと思うんだけど何にしよう?と迷ったらカスペルスキーにしてみてはいかがでしょうか。

ネットワークとセキュリティはわたしの得意分野です。それらの知識を持った上で選んだのがカスペルスキーでした。

ちょっと重たいかな?と思うことはありますが、それで作業効率が落ちるといったことはありません。ファンがフル回転するときはありますけどね。

とにかく、ウィルスソフトはインストールしていない、という状態だけは絶対に避けてください。…放っておくと大変なことになります。

カスペルスキーの本家サイトから購入すると割引も効きます。Amazoや楽天で買うよりは本家サイトから購入するのがお得です。30日間の無料体験ができますので、興味のある方はぜひ。

【カスペルスキー】30日無料体験版はこちら

-Amazon輸入ビジネス
-, , ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.