輸入ビジネスは価格が落ちるのが常識

リサーチ

高すぎ?安すぎ?輸入ビジネスで扱う商品の価格帯はどれぐらい?

投稿日:

日々リサーチをしていると、いろんな価格帯の儲かる商品が見つかります。

だいたい利益が出る商品は最低ラインが2,000円といったところでしょうか。逆に上限はというとほぼ青天井です。10万円ぐらいのものもあったりしますね。

ですが、あまり高い価格帯のものだと売れなかった時や返品されたりした時の損失がデカイです。でも販売価格の高い商品って利益率や利益が高いし、目標仕入額に早く到達できるし楽なんです。

今回は、わたしなりの基準で輸入ビジネスセラーが扱うべき価格帯について書かせていただきます。

輸入ビジネスで扱うべき商品の価格帯

輸入ビジネスの基本は薄利多売、多品種を扱いリスクを分散させる

個人事業として人気な輸入ビジネスですが、その人気の理由は低リスクであることが理由の一つにあります。リスクが低いというのは、正しくリサーチすることで安く買って高く売れることがデータを見ればわかるためです。

しかし、すべてが想定通りに行くわけではなく、これが万が一売れなかったらどうでしょう?しかもしれが仕入れ金額が10万円とか高いものだったら?

輸入ビジネスでリスクを低くするためには、1点に資産を集中させないようにする必要があります。なので、リスクを低くしたいのであれば価格の高い商品よりも価格の低い商品を多品種扱うことをおすすめします。

最大で20,000円前後

では、いったいどれぐらいの価格までが良いのか?

わたしの経験上では、販売価格が20,000円あたりが上限という結論です。リサーチのときには20,000円以上の商品は除外していました。

なぜ20,000円なのかというと、販売価格の高い商品はライバルが増えるとえげつない価格競争になるため、わたしが許容できる範囲が20,000円だったからです。

最低ラインは2,000円

販売価格は2,000円以上です。たくさんの商品をリサーチしてみるとわかるのですが、2,000円未満の商品は儲かる商品が少ないように思います。

儲かる商品がないわけではないのですが、アタリを引く確率が低くて作業効率が悪いです。わたしの場合は自分でプログラムを作って自動でリサーチしていたので1,000円以上の商品をリサーチしていました。

1,000円以上の商品をたくさんリサーチした結果、儲かる商品が少なかったのです。販売価格の低い商品は輸送コストといった経費ばかりかさんでしまうため、儲からない傾向が強いです。

輸入ビジネスでは販売価格の高い商品を扱うべきではない

高い価格帯は扱わない

輸入ビジネスではあまり高い価格帯の商品は扱わないことをおすすめします。上述していますが、やはり販売価格の高い商品は不良在庫になってしまったり、不良品だったり返品されたりすると損失がデカイです。

もちろん、その逆をいく販売価格の高い商品ばかりを狙うセラーもいます。理由は、わたしのように販売価格の高い商品はリスクが高いと考える人が多いからです。

しかし結局のところ、販売価格の高い商品もしっかりライバルは増えます。

販売価格の高い商品はライバルが増えやすい?

販売価格の高い商品はライバルが増えやすいとわたしは感じています。これも上述していますが、多くの輸入ビジネスセラーは毎月目標とする仕入れ金額を決めています。

目標とする仕入れ金額に早く到達するには、販売価格の高い商品を狙うと達成しやすいからライバルたちに大人気です。

1,000円の商品を100個見つけるより、10万円の商品を1個見つけたほうがリサーチが楽ですからね。そう、つまり人は楽をしたい生き物なんですよ!

「楽すれば楽が邪魔して楽ならず、楽せぬ楽がはるか楽楽」

楽をして稼ごうと考えてはいけませんね。

販売価格の高い商品はライバルが増えると悲惨

販売価格の高い商品でライバルが増えるとかなり悲惨なことが起こります。価格が高い分、値下げ幅が広いというデメリットがあります。1,000円の商品が1円になることはまずありえませんが、10万円の商品が9万円になることはよくあることです。

一度価格競争が起こるとすごい勢いで価格が崩壊していきます。今までにわたしが経験したものでは25,000円台でよく売れていた商品だったのに、8,000円台まで値下がりしました。

モノレートのグラフが下記です。

輸入したものが25,000円で売れていたのに…

8,000円にまで値下がり!

ライバルが多く、売れ行きは良い商品なのですがなかなか売りさばけませんでした。結局、大赤字で処分です。

まとめ

まとめると下記の通りです。

  • 輸入ビジネスセラーが扱うべき価格帯は2,000円~20,000円がおすすめ
  • 販売価格の高い商品はリサーチが楽なためライバルが増えやすい
  • 価格の高い商品を扱った結果、25,000円から8,000円まで価格崩壊した経験アリ

輸入ビジネス実践者は非常に多いため、価格崩壊はもう避けることができません。価格崩壊ありきでやっていくしかありません。

価格崩壊が起こる中でも稼いでいくには、資産を1点に集中させず分散させていくことが大事です。

-リサーチ
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.