給料が手取り20万で家族4人養うなんて無理

Amazon輸入ビジネス

会社の給料が30歳代で給料が手取り20万?家族4人で生活するためには?

更新日:

昨年のわたしの会社の年収は550万円でした。おそらくですが、一般的なサラリーマンの平均年収という枠で見れば別に少ない方ではないでしょう。

昨年は残業が上期はそれなりに多かったのでこのような年収でしたが、下期くらいからでしょうか、もうずっと定時退社しています。

残業ゼロで働いた結果、わたしの手取り月収は…なんと20万円!そんな月収が何ヶ月も続いています。

わたしは現在30歳半ば、妻と子供2人、家族4人で暮らしています。

すでに一軒家を購入しており住宅ローンも月8万払っています。その他に家の保険、固定資産税を考えると住宅だけで10万持って行かれます。

その他に光熱費や自動車…固定費だけで、ざっくり計算で、毎月ただ生きているだけで17万円は抜けていきます

最後の3万はというと、

  • 嫁の小遣い
家計を助ける気はないんかい!

ここからさらに毎月変動するお金として、食費や医療費などが抜けていきます。ちなみに食費がざっくり3~4万程度。そう、完全に赤字です。

給料が上がらない

給料が少なくて薄い給料袋

上がらない時代になってきている

年功序列が崩壊し、現在の若い世代は給料が上がらないなどと言われています。

実際に年功序列が崩壊しているのか?っていうと、場所によりけりでしょう。わたしの会社ではまだまだ年功序列ですし、そういった会社もたくさんあるはずです。

ですが、昇格・昇進をしたとしてもさほど年収が上がりません。

わたしの会社の場合、役職につけば年収はあがりますが、個人の評価はいくらあげても給料ほとんど上がりません。そして、役職は椅子の数が決まっています。

これが何を意味するかというと、給料が本当に上がる人はわずかであり、限りがある、ということです。

某大手企業の過労死事件より、残業ゼロ方針になってきた

とある有名な大手企業で若い人が過労死しました。

過労死事件はちょいちょい発生していますが、このときはいつもとだいぶ状況が違っていました。

某大手企業の過労死事件をさかいに、残業を減らそう、という空気になってきています

この件に限った話ではありませんが、36協定が見直され、残業がしづらくなりました。(仕事量は変わらないのに…。)

もちろんわたしの会社も同じで、残業が減りました…それどころかゼロになりました。

まぁ大きな仕事が片付いたというのもありますが、いつもだったら次から次へとデカイのを突っ込まれてきたのですけどね。

平社員だと給料のベースは上がらない、さらに残業代も見込めない、実質平均年収が下がる時代になってきました。

30歳、手取り20万、生活できない

手取り20万なので食費が払えない

ふと、よその家ってどうやって生活してるんだろうなぁと思って調べてみました。

ざっくりまとめると、

  • 子供つくれない
  • 家買えない
  • 共働き必須

こんな家庭が多いようです。普通に考えればまぁそうですよね。

夫の会社の給料だけでは生活できない模様

もうわかっているとは思いますが、毎月手取り20万なんていう収入では当然ながら家族4人を養っていくのはかなり大変です。

冒頭ではおおげさに月収20万!なんて言っていますが、実際にはボーナスもあったりしますので、贅沢しなければ生活が全くできない、ということはないです。

ですが、ボーナスは毎年2回かならず入るという保証もないです。景気しだいではボーナスカットがありえます。

共働きなんて無理…

会社の給料が少ないなら共働きすればいい。国も女性の社会進出とかいって労働力を高めようとしています。

結婚して子供2人いる家庭ならわかると思うのですが、とてもじゃないけど共働きなんて無理です!

小さい子供はめちゃくちゃ手がかかります

午前中から午後にかけて子供を保育園で面倒見てもらえるのは助かりますが、その分だけ洗濯やら何やら仕事が溜まるわけです。

妻を見ていると、女性ってホントすごいなぁ…といつも思います。男は仕事してお金を持って帰ってくるだけのATMになりきったほうがずっと楽です。

共働きしている家庭を見ていると、奥さんがスーパーウーマンにしか見えないです。

がんばって働いて稼いでいても税金・社会保険、保育園でかなり持って行かれてしまいます。こんな苦労してまで共働きするメリットがわたしには感じられないです。

個人で稼ぐ時代

個人で稼ぐエンジニア

30歳で手取り20万。これはわたしの収入が特別少ないのでしょうか?

手取り20万は額面・税込み月収にすると、30万ぐらいになります。わたしの会社はボーナス1回が月給×2.5ヶ月なので、年収にすると下記になります。

  • 30万 × 17ヶ月 = 510万

30歳男性の平均年収が450万と言われています。正社員という枠で見れば、500~550万ぐらいではないでしょうか。

残業ゼロでこの年収ならば、特別低いとも言えないでしょう。

何が言いたいかというと、

  • 給料が上がらない、給料少なくて生活できない。
  • でも世間一般的に見れば、特別給料が低いわけではない。

普通に働いていて生活ができない、共働き必須で、それをしていっぱいいっぱいの生活、これが現代の標準なんです。

さらに言うとわたしは病気まで抱えているため他の人達と比べればいろいろな面で不利ですし、多くの不安を抱えています。

そんな悩みを解決しようとわたしがやったことが副業であり、インターネットを使った仕事でした。

アフィリエイトや転売、このブログのテーマである輸入ビジネスをやってきました。

 

身体が動くうちに稼ぐ

個人事業は個人の能力がそのままお金になるイメージです。仕事の要領が悪い人はやっぱり稼げないです。

で、わたしたち人間は歳をとればとるほど能力が落ちていきます。身体の動くスピード、頭の回転など。

  • 『今』がピーク
  • これから先は収入が下がる一方

わたしは常にそう思っています。だからこそ、今一生懸命になって副業をがんばって稼いでいるんです。

  • 今は忙しいから…
  • いや、ホント、秒刻みで忙しい!

忙しくて今はできない、という人はおそらくこれから先も一生忙しい人であり、副業を始めることができない人=稼げない人ですので、このページをそっとやさしく閉じてあげてください。

ちなみに、わたしが輸入ビジネスをはじめたのは毎日22時まで残業していた頃のお話です。土日は育児・家事です。これで1日1~2時間やって月10万~20万です。

ネットビジネスの世界はマインドが大事とよく言われますが、わたしはそんなものよりはるかに行動力のほうが大事であると感じています。

まとめ

  • 会社の給料は上がらない時代
  • 給料上げるには役職につくしかないが椅子の数は有限
  • 共働きで稼ぐって心身共にキツイ
  • だがしかし、これが現代社会の標準である
  • 救いは、今は個人で稼ぐ時代、稼ぎやすい時代であること
  • 時給の保証はない、というリスクがある
  • でも青天井で大きく稼げる可能性があるのがネットビジネス・個人事業
  • 今が自分の能力のピーク。今動けない人はこの先も動けないと思う

わたしは一生懸命がんばりにがんばって、ごく普通の会社員でありながら最高で年収900万を超え、貯金も2,000万ほどありました。

でもこれは会社員として働いていた恩恵と、お金に対する節約意識があったことのほうが大きいです。

決してネットビジネスやったら必ず年収上がります、貯金増えます!という意味ではありませんので誤解されないように。

ですが、正直なところ月収手取り20万をネタにして笑っていられるのも副業があるから、という安心感からくるものが大きいです。

やはり不安になる理由は収入が1本しかないということなので、わたしは安定のある会社員と、さらに収入をアップさせるための副業、このハイブリッドのスタイルを取っています。

年収は低くても、最低限の生活がほぼ保証される会社員というポジションも非常に大切なんです。

ネット上には『あたかも絶対儲かる』、『会社辞めて真の自由を手に入れよう』という情報が出回っていますが実際は、

  • それなりに苦労はある
  • 堅実にお金を使わなければ結局破産する

当ブログは、一生懸命努力して、社会的に弱い立場でも堅実にお金を稼ぐ輸入ビジネス、というスタンスで情報発信しております。よければ参考にしていってください。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.