Amazon輸入ビジネス

価格改定ツールは必須?重要?リアルタイムにカート価格を追従することが大切な理由

投稿日:

当ブログではプライスターの導入を強く推奨しています。

これは決してアフィリエイト目的で自分が稼ぎたいだけで推奨しているのではなく、

  • 自分が使ってみて本当に効果があった
  • あなたに確実に利益をもたらす

という理由があります。(いや、もちろんアフィリエイト目的もありますが…)

わたし自身、輸入ビジネスを開始してからプライスターを導入するまでにはかなり時間が経過したあとに導入しましたが、初期段階で導入しておけば良かったと後悔しています。

  • 価格の自動改定なんてたいした作業じゃないし自分でやってもいいじゃん
  • 月額4,000~5,000の価値なんて本当にあるの?

そのように疑ってしまう気持ち、痛いほどわかります。わたしも導入を長いことためらっていましたからね。

『価格自動改定ツール』、これだけ聞くと作業を楽にするだけのツールというように聞こえますが、そうではありません。

価格自動改定ツールの真髄は、『リアルタイムでカート価格に追従するツール』なんです。

今回は、なぜカート価格にリアルタイムに追従しなければならないのかという点を書いていきます。

輸入ビジネスにおけるリアルタイムでカート価格に追従することの大切さ

輸入ビジネスだけではなく、Amazon輸出ビジネスも国内せどりにおいても、カート価格にリアルタイムで追従するということは非常に重要です。

Amazonを使った物販ではカート価格に合わせていなければまず売れないと思っても良いでしょう。

不良在庫を抱えたり、売りさばくのに時間をかけているうちにライバルが増加し赤字で損切りになったりします。

カート価格に合わせていないとカートが獲得できない

amazonのカートボックス

まずAmazonのカート、カートボックスとは何か?というお話です。ご存じの方は読み飛ばしてください。

カートボックスとは上記画像の右側の赤枠部分の『カートに入れる』の部分を指していると思っておいてください。

このボタンを押すと、あなたのカートに商品が入ります。

Amazonでは1つの商品ページに複数人の出品者が割り当てられています。

では、カートに入れるボタンを押した時にどの出品者の商品がカートに入るのか?

それが左側の赤枠に記載された出品者になります。(都合上、出品者名は伏せています)

この割り当てられる出品者というのは、

  • カート価格に合わせられていること
  • FBA出品者であること

上記の条件を満たしていると優先的に割り当てられます。つまり、カートボックスを獲得しやすい、ということです。

Amazonでお買い物をする人はほとんどの人が『カートに入れる』ボタンを押して買い物をします。

わざわざ出品者一覧のページを開いて、

さあ、どの出品者から買おうかな?

なんてやりません、考えません。

というより、一般の方であれば出品者一覧ページにどうやって飛べば良いのかすらわからないかもしれません。

ゆえに、

  • カート価格に合わせること
  • カートボックスを取得すること

が重要になるわけです。

カート価格に合わせないとその分だけ機会損失する

この点については専業と副業で大きな差が生まれると個人的には思っています。

すべての商品がそうであるわけではないのですが、商品によっては毎日微妙に値下げし続けるやつが現れます。

たとえば、専業の人が副業の人に差をつけるために、朝の10時ぐらいに値下げをしたとしましょう。

副業の人は帰宅してから価格を改定します。17時~22時ぐらいにようやく価格を変更できるのではないでしょうか。

つまり、10時~17時,22時ぐらいまではカート価格に合わせられていないため、全く商品を売ることができない状態になります。

商品が売れる時間帯というのは、わたしの間隔としましては17時~22時ぐらいです。本業が忙しい方だと全く勝負ができないでしょう。

帰宅後に価格を改定したとしても、売るチャンスが来るのはまた明日。明日も価格改定されていたらまた機械損失になります。

そんなのが毎日、複数商品で起こればどれだけスピーディにリサーチ・仕入れをしても全く勝負ができないんです。

わたしもこれのおかげでかなり赤字商品を生み出してきました。

カートが獲得できない、物が売れない、回転率ダウン

輸入ビジネスでは利益を出すために大切なのが、商品の回転率です。

商品の回転とは、出品してからできるだけ早く売り抜け、得た利益をまた次の仕入れに使う、という意味です。

この回転が遅いと必然的に利益も少なくなるし、不良在庫になって倉庫に冬眠するようなことが起これば在庫保管手数料ばかりかかってしまいます。

わたしとしましては、

赤字でもいいから回転率上げろ!

ってことです。

お金が物に変換され、物がずっと物のままだといつまで経ってもプラスだろうがマイナスだろうが利益、損失が確定できないからです。

よく輸入ビジネスをやっていて『儲かっているのかどうかわからない』なんて人を見かけますが、その原因は不良在庫にあると思っています。

儲かっているのかどうかわからない状態をずっと続けていくことほど危険なことはないです。

なぜなら、自分がやっていることが正しいのか間違っているのかわからないから

輸入ビジネスだけではなく、何事も自分の行動に対してフィードバックはかけていなかければなりません。PDCAサイクルを回すってことです。

今回の失敗を次回に活かす。これができないと利益を伸ばしていくことはできないわけですが、利益・損失が確定しなければ何が良かったのか、失敗したのかわからないです。

回転率を上げるためにも価格自動改定ツールを導入し、カート価格にリアルタイムで追従することで回転率を上げたほうが良いです。

手動で価格改定するのではダメなのか?

上記のような問題を解決するために、こちらが先手で価格を先回りして下げたりしてみました。

その結果、

  • 先回りして値下げしてもすぐに追従される
  • 値下げした後、さらに値下げしてカートが取られる
  • 機会損失

先回りして大幅に値下げをしたとしてもカートが獲得できず、自滅して機会損失。

カートというのは単純に値段を安くすれば獲得できるというものではないんです。

わたしの場合、一気に価格を下げてよく出品停止になっていました。

価格が一気に下がるとAmazon側から、

価格設定間違ってませんか?間違ってるよね?とりあえずお前出品停止な?

ということで出品停止にされてしまうんです。これぞ最悪の機会損失です…。

価格改定作業、地味に時間かかる

わたしはピーク時、400~500種類の商品を扱っていました。

値動きのない商品もたくさんあるのですが、やはり物によっては値下げ競争が激しかったです。

価格改定をしなくても良い商品もありますが、しないなら時間がかからないというわけではありません。

価格を改定しなくてもいい、という判断する時間も発生する

ゆえに、価格改定しなくても商品数に掛け算する形で時間がかかります。

カート価格に追従するのが本来の目的ですが、作業負荷軽減についても役に立ってくれます。

値下げ競争見てると精神的に超ヘコむ

わたしのような弱いメンタルだと、値下げ競争でガンガン価格が下がると精神的にヘコみます。

…この商品も赤字かよ

そんな日が何日も続きます。

価格改定ツールを導入してからのわたしは、もう一切商品の価格を見ることを辞めました。

理想で言えばちゃんとチェックしたほうが良いのですが、見るのに時間もかかるし精神的にヘコむし、いっそやめてしまったほうが効率的でした。

ぶっちゃけると、わたしにとってはカート価格追従や作業負荷軽減より、精神的ダメージの軽減の意味でプライスター・マカドを導入する、といった効果のほうが大きかったです。

輸入ビジネスで稼げない、とか言っているのは自動価格改定ツール導入していなからでは?

上述したように、カート価格に合わせるということはAmazonで物販をする上で非常に重要です。カート価格に合わせなければ売れません。

物が売れなければ当然売上なし、売上なしなら利益なし。

ようやく売れた!と思ってもめちゃくちゃ時間かかって回転率が落ちたり、値下げしまくった後の大赤字だったり。

そりゃ稼げなくて当然ですよね

よそのブログでは、

プライスター・マカドを導入することで爆発的に儲かった!
プライスター・マカドを導入したら作業が楽!真の自由を手に入れました!

なんていうあおり文句も見られます。

わたしとしましてはさすがにそこまで高い効果とは言い切ることはできませんが、カート価格にリアルタイムで追従することは売上・利益の向上に関わるということは強く主張します。

当ブログ経由でマカド・プライスター導入するなら特典つけるよ!

他のブログでもマカド・プライスターを契約してくれた方に対して特典をつけてくれています。

わたしもどんな特典があるんだろう?とよく眺めているのですが…

  • 大ボリューム!500ページに及ぶ資料プレゼント!
  • 10万円相当の情報を特典として付けます!

こういうのを見ると心が揺らぎます。でもちょっと待ってください。

ぶっちゃけ、500ページに及ぶ資料を読むのに何日かかるんでしょうか?その時間をリサーチ・仕入れに使ったほうが良くね?10万相当!とか言うけど、それって自分が勝手に値段つけただけじゃ…。
(……じゃあわたしのブログで公開するツールは1個あたり100万円の価値ってことにしておこうかな)

もしあなたがそれらの情報に価値を見出しているのであれば、ぜひそちらからお申込みしていただければ良いかと思います。

ただ、資料をもらったら一旦解約しちゃってもいいんじゃないでしょうかね?

当ブログでは、リサーチ作業の効率を上げるツールを特典として付けています。プライスター・マカドをご利用の間ずっと利用することができるライセンスキーを付与します。

マカド・プライスターを紹介して売るだけでは終わらせず、その後も継続して稼いでほしいからこそ、ツール提供と言う形であなたをサポートします。

現在ご契約中の方も、一度退会して当ブログ経由で再度申し込んでいただければ特典を付与します。

なお、データは同じメールアドレスを使用することで引き継ぐことが可能だと、プライスター運営者より回答をいただいております。

当ブログのツールたちがあなたのサポートができれば、と思います。

※ライセンスキーには限りがあるものがあります。ライセンスキーが枯渇した場合には当ブログからお申し込みいただいても特典を受けることができなくなります。ライセンス状況については上記記事にてお知らせしています。

まとめ

  • カート価格にリアルタイムに追従しないとAmazonでは売れない
  • 売れなければ回転率は落ちる
  • 回転が落ちればフィードバックもかけられない
  • 自分の行いが正しいのか間違っているのか、判断できない
  • その分だけ成長も遅くなるし、利益も出せない

わたしはプライスターの導入が遅れましたが、本当に公開しています。もっと早くに導入しておけばよかったです。

いろんなツールを見てきましたが、輸入ビジネスでもっとも効果が高いツールはプライスター・マカドといった価格自動改定ツールである、と現役のSEが太鼓判押しておきますね。

ぜひ、検討してみてください。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-, , , ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.