Amazon輸入ビジネス

輸入ビジネスでAmazonから買ったが不良品だったので苦情入れた結果

更新日:

輸入ビジネスで大量に仕入れを行っていると、不良品が届くことがよくあります。海外の製品って日本ほど品質よくないんですよね。あらためて日本品質すごい!って思います。

では実際に不良品が届いた時にはどうすればいいのでしょうか?

不良品はつきものですので慣れが必要ですが、最初のうちはかなりガックリきますよね。まだそんなに稼いでいないのに損失ばかり増えていって…。

今回はそんな不良品についてAmazonにクレームを入れてみた結果のお話です。

アメリカAmazon本体から買った商品が不良品だったぞ!とクレーム入れてみた

返金されず…

Amazon本体から買った商品なのに、Amazonは返金してくれることはありませんでした…。

わたしは何度かクレームを入れていますが、

  • 返金されるときと返金されないときがある。
  • 担当者に依存する?

しかし結果からいうと、本来なら返金されないのが正しいのです。

Amazonの規約上、転送会社を通した場合は保障しない、とのこと

Amazonに何度かクレームを入れていますが、返金されない場合に言われることは、転送会社を通した場合には保障しません、とのことです。

そのときに一緒に送られてくるwebページが下記です。

Amazon規約ページ

出典:About Freight Forwarders and Hand Carry

ここを読む限りでは運送会社、つまりMyUSを通すと商品の保障は対象外となる、と読み取れます。

アメリカAmazonから買ったものが不良品だった場合どうすればいいのか?

とりあえずクレーム入れてみる。

わたしはわずかな可能性を信じてクレームを入れるようにしています。ですがこれが人によっては、

  • 時間の無駄。
  • その時間でリサーチしたほうがいい。

っていう人も多いです。

ですがメールひとつ出すだけで全額返金される可能性だってあります。

  • ラッキー?が起こると、商品を返品せずに全額返金してもらえる。
  • さらに商品は中古販売してまえば一石二鳥!

まぁモラル的にどうかっていう感じはしますが。

でもさんざん不良品が送られてきて、だいたいのものが泣き寝入りでしたのでこれぐらいしてもバチは当たらないでしょう。実際に不良品なわけですし

悪用しようとすれば、不良品じゃないのに不良品だとクレームを入れることもできてしまうんですよね。でも最悪の場合アメリカAmazonのアカウント閉鎖になってしまい、貴重な仕入先を失うことになりますので正直にやりましょう。

あきらめる

かるく上述していますが、不良品が届いたらいさぎよくあきらめて中古品販売するという方法です。アメリカAmazonとやり取りする時間を別の方向に有効活用するということですね。

商品単価があまりにも安いやつだったらわたしもあきらめます。ですが、そこまで商品単価が安いやつってあまりあつかわないんですよね。

その価格帯がいくらかっていうと、わたしは仕入れ金額が2,000円以上ならクレーム入れますね。

あきらめてしまう人も多いのですが、わたしはやはり一度はクレームを入れてみることをおすすめします。

MyUSのせいにしてみる

商品が不良品であるという原因はMyUSのせいという可能性もありますからね。MyUSの雑な仕事のせいでパッケージが開いてしまい、欠品となってしまった、とか。

わたしはどうしてもあきらめられない場合にはMyUSにクレームを入れてみることにします。MyUSが一番保障してくれる可能性は低いです。

ほぼ100%保障できないという回答ですが、そこで折れずに次回の転送料まけてくれ!と交渉したりします。

結果はというと…残念ながら一度もまけてくれたことはありません…。まぁダメ元ですよね。

アメリカAmazonからの不良品を減らすには?

不良品が少ない商品を選ぶ

不良品はどんな商品にも平等に入り込むわけではありません。不良品になりやすい商品というものがあります。

不良品が多い商品は精密機器に多いとわたしは感じています。たとえばプロジェクタランプとか。

 自作ツールと輸入ビジネス
自作ツールと輸入ビジネス
https://amznlog.com/pj-lamp
輸入ビジネス初心者が自作ツールで稼いだ方法

プロジェクタランプのクレーム率が一番高かったです。

並行輸入品は基本的に安かろう悪かろうで、特にサードパーティ製の製品の品質はびっくりするぐらいの低品質です。

お客さんから、

お前から買ったプロジェクタランプが爆発したぞ!

とクレームを入れられたことがあります。人にケガはあったのか?家財に損傷はあったのか?わたしはいくら賠償金を支払わなければならないのか…すごく不安になりましたね。

まぁ結局、別の出品者から購入したものだったわけですが、ヒヤリハットです。儲かるからといって品質の悪い物を売るとそういったリスクもあるってことです。

逆に不良品が少ないのは、精密機器のような複雑な仕組みを持たないものです。たとえばぬいぐるみとか。

ぬいぐるみは稼ぎにくいですけどね。

アメリカAmazon本体から買う

アメリカAmazon本体から買っても不良品が届くことはありますが、他のFBAセラーから買うよりはやっぱり品質が良いです。

特にサードパーティ製の製品でもAmazon本体が扱うサードパーティ製品は問題が起きたことないです。1ドル程度の金額差であれば高くてもわたしはAmazon本体から買います。

この製品は不良品ありそうだな~と思うものは、アメリカAmazon本体から買えないようであればいくら儲かる商品でも見送ることもあります。

まとめ

まとめると下記です。

  • MyUSを通すと不良品でも基本的に保障対象外
  • たまに全額返金してくれることもある(担当者の違いか?)
  • なのでダメ元でクレームは出すべき
  • そもそも不良品が入り込まないような商材を扱う

輸入ビジネスをやっていてわたしがイラっとくることは、この不良品の多さにあります。アメリカの人は多少なり傷がついても気にしないのでしょうけど、日本人はちょっとの傷でもクレームものです。

それは輸入販売しているセラーでも同じで、MyUSから届く商品を見るたびにストレス貯まります。まぁ輸入ビジネスをやるうえでは仕方のないことですね。

普段から不良品がどれだけの数があったのか、不良品率を記録して、不良品ありきで輸入ビジネスで稼いでいきましょう。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.