プライスターとか情報商材の損する特典

Amazon輸入ビジネス

[輸入ビジネス特化]忙しいあなたの代わりに仕事する。プライスター・マカドお申込みの特典について

更新日:

本ページでは、当ブログ経由でプライスター・マカドをお申込みいただいた際の『自作ツールと輸入ビジネス』オリジナル特典についてご説明します。

すでにプライスター・マカドをご利用の方でも、一度退会し、当ブログ経由で再度お申込みいただくことで特典を受けられます。

また、プライスターの場合は再申し込みをしてもデータは継承されるとプライスター運営に確認しております。

あなたの時間を無駄にしないために。『自作ツールと輸入ビジネス』効率を上げる特典

当ブログは情報だけではなく、作業効率を向上させるためのツールを特典としています。

たいていの場合、ツールは高額な月額料金か、ランサーズやクラウドワークスを利用して高額な開発費をかけるのが一般的です。

当ブログは低予算でツールを提供することをモットーとしています。一部、ツールを特典にしています。

多くの人が利用するであろう、プライスター・マカドといった価格改定ツールの特典とすることで、実質無料でツールを提供することを目的としています。

特典1:Amazonにおける3ヶ月間の販売個数を一括取得する『monoPeak』

当ブログでサンプルプログラム(ソースコード)としても公開している、monoPeakです。

以前はココナラにて数量限定で開発作業を請け負う形にしておりましたが、想定していた以上に好評であり、ユーザー数が上限をすぐに超えてしまうおそれがあったため、提供方法を変更しました。

  • モノレートで1ヶ月あたりの販売個数を、グラフを目視で山の数を数える…面倒だし時間がかかっていませんか?
  • monoPeakはその作業を自動で一括してやってくれるツールです。

グラフのギザギザを自動で数え、ASINをもとに一括取得してくれるツールが『monoPeak』です。モノゾンの自動一括取得版、と言ったほうが伝わりやすいでしょうか。

ライセンス制のプログラムであり、プライスター・マカドをご契約している間、ご使用になれます。

  • ASINを列挙する
  • プログラムを実行する
  • ASINに対応する過去1,2,3ヶ月で販売した数(予想)を一括取得する

結果は下記のイメージです。(画像の結果は最新のものではありません)

monoPeak結果

monoPeakはライセンスに上限のあるツールになります。

都合上、ライセンスの総数をお答えすることはできませんが、

  • 残りライセンス数、ほぼ枯渇。
  • 2018年12月31日までにお申し込みいただいた方が対象となります。

当ブログで好評なツールです。ライセンスが枯渇した際には、ライセンスの空き待ちになります。

特典2:セラーからASINをぶっこ抜く!『getSellerAsin』(ASIN抜くだけ、サンプルソース)

  • 輸入ビジネスのリサーチの基本はセラーリサーチです。セラーが扱う商品一覧ページを確認し、1つ1つ価格をチェックしていく。
  • ですが、セラーが商品を何百…何千件と扱っているとリサーチに時間がかかって大変です。
  • セラーからASINをぶっこ抜いてみませんか?

諸事情により、提供方法はツールといった形ではなく、サンプルプログラムになります。

ですが、基本的にコピペで作れますので、プログラミングの知識がなくとも使用可能です。また、ご不明な点があればサポートいたしますのでご安心ください。

  • セラーIDを列挙する
  • プログラムを実行する
  • セラーごとにぶっこ抜いたASINリストのファイルができあがる

結果は下記のイメージです。

セラーからASINをぶっこ抜く、セラー一覧

セラーからASINぶっこ抜く、ASIN一覧

特典3:プライスター一括商品登録ファイルの作成が簡単に作れるエクセルファイル

プライスターには一括商品登録機能があります。

Amazonの一括商品登録と何が違うの?というと、プライスターを使うと赤字ストッパーや高値ストッパーも一緒に設定できます。

プライスターを導入するならプライスターの一括商品登録機能を使いましょう。

しかし、ざんねんながらプライスターの一括商品登録用のエクセルファイルを効率良く作成するには、それなりにエクセルが扱えないとむずかしいです。

プライスターの取扱説明書を読んでも『ここを2にして…あそこを11にして…』といった感じですごくわかりづらい

そんなちょっとむずかしい設定をわたしのほうで簡単にできるエクセルファイルを作成しました。さらに!納品プランファイルも簡単に作成できるようになっています。

これで商品を仕入れたら納品・出品・価格改定まで、作業を効率的にこなすことができます。

特典4:ASIN(商品)に対してライバルが何人いるの自動一括取得する、『rivalChecker』

  • 日本と海外で価格差がある。
  • 計算したら利益も出そうだ。
  • モノレートも確認してよく売れている。
  • 商品のセラー一覧ページを開いて、1、2、3…2ページ目開いて…ダメだ、ライバル多すぎ。

リサーチをしていると、最後の最後、ライバルが多すぎてダメだと判断することがよくあります。そんな時間をツールにやらせてみませんか?

rivalCheckerは、下記の機能を持っています。

  • カート価格の前後数%をライバルと見なす。
  • ツールに登録したASINに対して、ライバル数を自動一括取得する。

取得項目は下記になります。

  • 予想ライバル数
  • 総出品者数
  • FBA出品者数

出力結果は下記のイメージです。

ライバルチェックツールの出力結果

特典5:キーワードからASINをぶっこ抜く!『getKeywordAsin』(ASIN抜くだけ、サンプルソース)

  • 輸入ビジネスのリサーチにおいて、キーワードで商品をリサーチすることがある。
  • たとえば、利益を出しやすいメーカー、ジャンルなど。
  • キーワードで検索した結果のASINをまるごと抜いてみませんか?

getSellerAsin同様、諸事情により、提供方法はツールといった形ではなく、サンプルプログラムになります。

ですが、基本的にコピペで作れますので、プログラミングの知識がなくとも使用可能です。また、ご不明な点があればサポートいたしますのでご安心ください。

  • キーワードを列挙する
  • プログラムを実行する
  • キーワードごとにぶっこ抜いたASINリストのファイルができあがる

下記のようにキーワードを列挙したリストを作成します。

実行すると、下記のような結果になります。

今後、特典が増えた場合も受け取れます

今後特典を増やした場合にも、一度当ブログで申し込んでいただけた方には追加分を提供します。

ライセンスキーを発行しており、そのライセンスキーは当ブログで公開しているツールで共通して使えます。

もちろん、ツールの更新があった場合にも最新版を無料でダウンロード可能です。

ちなみに、当ブログの特典は作業効率を上げるプログラムやエクセルファイルなどがメインです。

わたし個人としましては、中身の見えない袋とじより、形ある成果物のほうが良い、と考え、わたしが実際に使って、効率を上げて稼いできたツールを特典としました。

特典の受け取り方法

特典は初回決済後にインフォトップより受け取ることが可能になります。

プライスターは最長で2ヶ月近く、マカドは30日の無料期間があります。

プライスターはお申込み月とその翌月が無料期間になりますので、最長で2ヶ月近くの無料期間、となります。

できるだけ早く特典がほしい方はマカドをおすすめします。

インフォトップよりダウンロードできる特典は『Secret.txt』というテキストファイルになります。

テキストファイル内に、特典を受けるための会員制webサイト『自作ツールと輸入ビジネス - private』への会員登録手順を記載しています。手順に従い、登録を進めてください。

お申込み手続きを進めインフォトップ画面に移動した時、下記の表示があれば特典を受けることができます。

特典確認画面

すでに別のブログ・情報発信者を経由してプライスター・マカドを契約されている方は、一度退会してから、当ブログ経由でご契約をしていただければ特典を受け取ることができます

プライスター運営に問い合わせたところ、再登録時にメールアドレスが同じであればデータは引き継がれるとのことです。

当ブログの特典を高く評価していただき、実際に一度退会されてから、当ブログを経由してプライスターに再度申し込んでいただいた方もいらっしゃいます。

ご検討いただけるとうれしく思います。

プライスター購入ボタン

マカド購入ボタン

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.