『外国為替及び外国貿易法』は武器全般を規制する法律

Amazon輸入ビジネス

輸入ビジネス誤解の根源?『外国為替及び外国貿易法』の話

更新日:

輸入ビジネスには法律が深く関わっています。少しだけ聞きなれないかもしれませんが、『外国為替及び外国貿易法』というものがあります。

おもちゃの剣が輸入できない、パチンコ、スリングが輸入できない、拳銃のマウントが輸入できない…。

輸入できそうでできないものは『外国為替及び外国貿易法』が関わっていることが多いです。

それではくわしく説明していきます。

『外国為替及び外国貿易法』ってなに?

『外国為替及び外国貿易法』とは

簡単に説明しますと、自由な貿易を目的としつつも、最小限の規制を設けて国の安全を守るための法律です。

なんでもかんでも輸入できるようになったら危ないですよね。武器の輸入に関することはこの法律で決められています。

輸入ビジネスにはあまり直接的に関係はしませんが、為替についても書かれています。ここでは輸入ビジネスに関する貿易のほうについて書いていきます。

多くの人に誤解されているポイント

『外国為替及び外国貿易法』で大切なポイントは、武器の輸入について決められていることです。

上述しましたが、おもちゃの剣とかスリングが輸入できないのは『外国為替及び外国貿易法』によるものです。

関税法にも銃刀法にも、おもちゃの剣がダメとかスリングがダメとは書かれていません。これらも製品は拳銃でもなければ刀剣類にも属しません。

属する可能性があるとすれば、それは『武器』です。おもちゃの剣は鈍器になりえますし、スリングも人を傷つける可能性があるため武器とみなすこともできます。

具体的にダメとは書かれていないのですが、『外国為替及び外国貿易法』では武器の輸入に関することが書かれているため、輸入できそうで輸入できないものはここが関係しているのだとわたしは思います。

どのような商品が対象になるのか?

はっきり言ってあげるのがキリないです。多くの人が『え!?これ輸入できないの!?』というすべてのものは『外国為替及び外国貿易法』にあると思ってもらって良いです。

『外国為替及び外国貿易法』が関税法や食品衛生法、銃刀法を包含しているようなイメージを持ってもらえば良いかと思います。

おもちゃの剣

とりあえず輸入できないもので意外なものをあげていきます。まずはおもちゃの剣。

これは銃刀法違反の記事でも書いたのですが、使われている素材などによりおもちゃではなく鈍器、武器として扱われてしまうのではないかと思っています。

これと同じく、模造刀も武器としてみなされてしまう可能性もあります。

銃刀法は拳銃と一部の刃物についてしか書かれていないのですが、『外国為替及び外国貿易法』では『武器』という幅広いレベルで書かれています。調べるのが困難ですね。

パチンコ(スリング)は除外?

では除外されている項目とは何か?実はパチンコ、スリングって除外項目に含まれているんですよね。

昔はNGだったようなのですが、平成27年に規制が緩和されて対象外となったようです。でも実際にはスリングって輸入できないという話をよく聞きます。今はもう大丈夫なのではないかと思っているのですが、詳しくはJETRO、経済産業省にでも問い合わせるしかないでしょう。

拳銃のマウントなんかも除外対象に含まれているものがありました。でもアメリカAmazonからはそもそも購入できなかったりするんですよね。ここらは何が影響しているのかよくわかりません。

刃渡り5.5cm以上の刃物

刃渡り5.5cm以上の刃物が銃刀法違反で輸入できない、ということはないのですが、結局この『外国為替及び外国貿易法』に『銃刀法に従った所持資格のないものは輸入できない』と言っていますので、やっぱり輸入できないのです。

武器全般

いったいどういう基準で武器とみなされるのか、はっきりした基準が不明です。

法律ってすごくしっかりつじつま合わせていて、曖昧な記載ってあまり見かけません。なのでどこかに武器の定義はあるのだと思います。

ただ、『外国為替及び外国貿易法』でいう武器というのは兵器というイメージが強いですね。

拳銃や爆弾とか。ほかには軍艦とかもあります。

まぁ武器と見なされそうなものは避けたほうが無難でしょう。

『外国為替及び外国貿易法』の罰則・罰金

武器の定義が広いのでこれまた明確な罰則・罰金がどんなものかがむずかしいです。許可なく軍艦なんて輸入するわけないですもんね。

可能性があるとすれば、刃渡り5.5cm以上の刃物の輸入といったところでしょうか。

判断がむずかしいのですが、3年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金、といったところでしょうか。(『外国為替及び外国貿易法』 第七十条)

まとめ

『外国為替及び外国貿易法』について調べていてわかったことは、輸入できないといっているのはほぼすべてこの法律によるものだということです。

考え方としましては、『日本の平和を妨げるようなものは輸入できない』っていうことです。なので武器がダメっていうことですね。

主に兵器に関する内容が多いのです。ですが、わたしはつねづね言ってきましたが『人を傷つけることができるものは輸入すべきではない』ってことです。スリングだって武器とみなされても仕方のないことです。

輸入ビジネスをやる上で法律を抑えるのは大切なことなので、下記の記事も参考にしてみてください。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.