ライバルチェックツール

リサーチ

[特典限定]Amazonでライバルが何人いるか自動で数えて一括取得するツール『rivalChecker』取扱説明書

投稿日:

輸入ビジネスにおいて、商品をリサーチし、アメリカのAmazonといった海外のネットショップを見て、価格差がある事を確認した。

利益率もバッチリ!モノレートも確認してよく売れていることを確認!でも最後の最後で…ライバル何人いるんだこれ!?1、2、3…2ページ目を見て…。あぁライバル多すぎ、やめた…。

そんな想いをしたことはありませんか?いや、あるはずです。わたしもありました。

そういった作業をツールにさせてみてはいかがでしょう?今回はライバル調査のためのツールを開発してみました。

ライバル数を自動取得するツールで取得できる項目

ツール名は『rivalChecker』としました。そのまんまです。

まず最初に、どのような結果が表示されるのかをご説明します。結果は下記のようになります。

ライバルチェックツールの出力結果

取得する項目は下記になります。

  • ASIN
  • 予想ライバル数
  • 総出品者数
  • FBA出品者数
  • 例外

ASIN

ASINはツールに登録したASINになります。

予想ライバル数

あなたが出品しようとするASINに対して、カート価格の前後、数%をライバルと見なし、カウントします。

単純にすべての出品者、FBAセラーとしてしまうと、下記のような本当はライバルではないのにライバルと見なし、機会損失を防ぐようにしています。

  • 全出品者数は100人
  • そのうちFBAセラーが80人
  • でもカート価格に合わせているのが1人

上記のように、出品者数が多いというだけでライバル多数と見てしまうケースがあります。出品者数、FBAセラー数 = ライバル数ではないのです。正しくは、カート価格に付近のセラー、です。

カート価格から前後何%をライバルとするかは設定によって変更することができます。

総出品者数

自己発送セラー、FBAセラー、すべてを合計した出品者数になります。

FBA出品者数

FBAセラーの合計値になります。

例外

カート価格が設定されていない、無効なASIN or 在庫切れなどを表示します。

カート価格なしは見方によってはチャンスです。価格設定しだいでは確実に自分だけがカート価格取得できることになりますので。

どのように活用するのか?

かるく上述しましたが、出品者数やFBAセラー数の値だけではライバルが多い、少ないというのはわかりません。

しっかりセラー一覧ページを確認し、目視でカート価格付近のセラーの数をカウントしなければなりません。

ですが、これが数ページにまたがっていると人の手で数えていると非常に面倒です。

そういった時間はツールに任せて別の作業をしましょう。

  • お金の計算
  • 勉強といったインプット作業
  • コーヒータイム
  • 寝る
  • 社畜ビジネスに没頭する

モノレートの出品者数だけを見てライバルが多いからやめよう、と考えてしまう人も多いです。

出品者数が多くても、カート価格帯に合わせているセラーが少数であれば、儲かる商品である可能性が高いです。そういった取りこぼしをしない、しっかり拾っていくためのツールです。

使い方

rivalCheckerを起動します。

compati初期画面

ツールへのASINの登録はASINをコピペすることで登録できます。

当ブログで公開しているStockerで商品データを取得し、research_tableで利益率のあるASINだけをフィルタしてコピー、rivalCheckerにペーストするとより効率的です。monoPeakで売れている商品でフィルタしておくとさらに効率的です。

ASINを登録すると下記のようになります。

compatiへASIN登録

クリアボタンを押すとASINを一括削除、特定のASINを選択してからDeleteキーを押すことで1つずつASINを削除できます。

ツール上部にある設定ボタンを押すと、MWS APIキーの設定とライバルと見なすカート価格帯のしきい値、ライセンスキーを設定できます。

ライバル価格帯

設定後は保存ボタンを押してください。

実行ボタンを押すとツールによるライバルチェックが開始します。

compati処理実行中

処理が完了すると、この記事の先頭の方にも画像を載せていますが、下記のような結果が表示されます。

ライバルチェックツールの出力結果

仕様・制限など

仕様・制限は下記になります。

  • 処理速度:1ASINにつき18秒(理論値)

当ブログで公開しているStockerと比べるとだいぶ遅いですが…これが理論上の最速?です。

利用方法

『rivalChecker』は当ブログ経由でプライスター・マカドを申し込んでいただけた方への特典として提供します。特典は初回決済後、インフォトップよりダウンロードできます。

すでに特典を受け取っている方は、monoPeak2のライセンスキーを入力することでご利用いただけます。(申し訳ございませんがココナラ経由で発行されたライセンスキーでは動作しません。)

もし、紛失してしまった、という方がいらっしゃれば、お問い合わせページより注文番号を添えてご連絡いただければ再発行します。特典もらったのずっと前でパスとかもらってないんだよね…という方でも特典を受けられます。お気軽にご連絡ください。

特典がほしい、という方は、一度下記ページをご確認ください。他にもたくさんの特典がありますので、ご検討いただけると嬉しく思います。

価格改定ツールは価格改定作業が楽になるだけではなく、売上もあがるし管理も楽になるし…さらに精神衛生的も良いツールです。

ダウンロード

ダウンロードは下記ページになります。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-リサーチ
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.