Amazon輸入ビジネス

セラースプライトのクリック集中度は参入市場の見極めに便利?

投稿日:

新しい商品開発や仕入れを行う際、どの市場を選ぶかは重要です。

いくら需要がある市場でも、現在のトップセラーに人気が集まっていては、売り上げを伸ばすのは難しいでしょう。

しかし、そんな独占率を事前に確認できれば、市場の見極めに役立ちます。

セラースプライトのクリック集中度ならば、それが可能です。

さっそく見ていきましょう。

 

クリック集中度とは

クリック集中度とは、あるカテゴリやキーワードの中で、1つの商品がどれだけクリックされているのか割り合いを示したものです。

計算式は「商品のクリック数÷全体のクリック数」で算出されます。

仮に全体のクリック数が1000で、そのうち商品Aが300回クリックされているとしたら、クリック集中度は30%です。

つまり、そのカテゴリにおいては、商品Aが3割を占めています。

そしてクリック集中度が、1つないし2~3商品で高い数値を示している場合、そのカテゴリはそれらで独占されていると考えてよいでしょう。

新規参入には向きません。

 

クリック集中度は低いほどいい?

クリック集中度が高いと、上位商品に独占されているとしました。

では、クリック集中度が低いジャンルなら、参入の余地はあるのでしょうか。

答えば、「一概に良いとは言えない」です。

もちろん、クリック集中度が低いなら、特定の商品による独占は避けられています。

しかし、あまりにも低い数値の場合、市場自体に需要がない可能性も否定できません。

どの商品も求められていないからクリックも少なく、ゆえに集中度も低いケースが考えられます。

クリック集中度は高くても良くありませんが、低すぎても参入しにくいと覚えておきましょう。

 

クリック集中度が高い市場は参入してはいけない?

クリック集中度が高いと、特定の商品に独占されているとしましたが、必ずしも参入がおすすめできないわけではありません。

例えば、将来さらに需要が増えて拡大する市場なら、それだけ商品も多く必要です。

あるいは、機能など見直す点も多い市場の場合、改善した商品なら売れる可能性もあります。

クリック集中度はあくまで現在の結果を数値にしたものです。

ゆえに、上記のような市場機会によっては売り上げが伸びることもあるでしょう。

ただし信頼に足る根拠など、本当に市場が伸びるか、見極める力は必要です。

不安が残るなら無理に参入せず、情報が増えるまで待つか、参入は見送りましょう。

 

セラースプライトにおけるクリック集中度

セラースプライトの場合、クリック集中度は上位3商品が占める割合として算出されています。

例えばあるキーワードを分析した際、クリック集中度が30と出れば、上位3商品が全体の30%を占めているわけです。

ちなみにセラースプライトでクリック集中度を見るには、キーワードマイニングなどの機能を利用します。

また、各機能の詳細条件にもクリック集中度があり、好みの範囲が指定可能です。

物販初心者など、具体的な数値がよく分からないという場合は、30~70%をおすすめします。

特定の商品が独占しすぎず、同時にばらけすぎてもいない範囲です。

 

市場の需要もセラースプライトの機能で調査

もしクリック集中度が高い市場に参入したいと思ったら、セラースプライトの機能でリサーチするのがおすすめです。

先ほどお伝えしたような、売り上げが見込めるような市場かは、以下の点を中心に調べてみてください。

  • トップ3以外の商品も売れているか
  • 全体のライバル商品数は多くないか
  • 特定の時期にだけ売れる商品ではないか
  • 検索数はどうか
  • ライバル商品のレビュー内容はどうか

例えばトップ3より下の商品もそれなりに買われているなら、これから販売を始めても売り上げが期待できます。

とはいえ、ライバル商品が乱立しすぎていると、埋没する可能性があるので注意しましょう。

また季節用品などの場合、クリック集中度は一時的な結果かもしれません。

オフシーズンはクリック集中度が分散するだけでなく、売り上げ自体が減る可能性も高いです。

需要についてはクリックや実際の販売数だけでなく、検索されているかもチェックしておきましょう。

そしてレビューを見れば、既存商品の改善点を見つけやすいです。

 

適度なクリック集中度の市場を見つけるにはキーワード選びも重要

クリック集中度を見るにはキーワードマイニングなどの機能を使うとしました。

キーワードマイニングは名前の通り、入力したキーワードに関連する別の言葉を表示する機能です。

表示された言葉に対して、クリック集中度などの項目が見えるため、最初にどんなキーワードを入力するかでも結果は変わります。

ゆえに、参入したい市場に関するキーワードを複数知っているなら、その全てで分析してみましょう。

思わぬところで、クリック集中度が程よいキーワードが見つかるかもしれません。

また、もしキーワードが思いつかない場合は、逆引きリサーチなどの機能を活用しましょう。

 

まとめ

クリック集中度は、市場の中で上位の商品がどれだけ独占しているのかを判断しやすい項目です。

セラースプライトの場合は、キーワードマイニングで表示された単語ごとに、上位3商品のクリック集中度を見られます。

ただし、クリック集中度が高いから参入できない、低いからおすすめとは一概に断言できません。

クリック集中度が高くても、市場機会によっては売り上げに繋がるでしょう。

反対に低すぎると、市場自体に需要がなく、参入してもさほど売れない可能性があります。

ゆえにクリック集中度だけに頼るのではなく、多角的な視点で参入すべきか判断してみてください。

セラースプライトには様々な機能があるので、クリック集中度を見るだけでなく、参入の根拠を探すのにも役立ちます。

 

キャンペーンコード「ITN252」を入力した上でご購入いただければ、当ブログの特典を付与いたします。ご検討いただけると嬉しく思います。

スポンサードリンク

-Amazon輸入ビジネス

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2024 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.