輸入ビジネスが儲からないと知って泣く

Amazon輸入ビジネス

輸入ビジネスは儲からない?と超後発組の初心者が考える4つの理由

更新日:

輸入ビジネスを始めようかどうかと悩んでいるあなたは、『今から輸入ビジネスはじめても遅いんじゃないだろうか…もう儲からないのではないだろうか…』、そんなことを考えていませんか?

輸入ビジネスはもう儲からないと考えている人は多いです。そして実際に儲かっていない人もいるのが事実です。

ネット上ではあたかも誰がやっても儲かるみたいな感じで言われていますが、エクセルすらまともに扱えていない人がやっていたりしますからね。利益計算が出来ていなくってウハウハしていながらも実はマイナスなんてこともあるでしょう。

今回はわたしなりに、輸入ビジネスが儲からないと思われている理由について書かせていただきます。

初心者が考える輸入ビジネスが儲からないと思っている理由

輸入ビジネスは飽和してる

わたしはいろいろネットを使って副業をしてきましたが、輸入ビジネスほどノウハウが出回っているものを見たことがありません

実際にやってみるとわかるのですが、自分がリサーチして仕入れて、出品するころにはライバルが爆発的に増えていることなんてざらです。

なんというかガラガラだったはずの電車にかけこんで乗ってみたら突然満員電車になってしまったような感覚です。

輸入ビジネスが飽和しているかどうかでいうと、まだ飽和しているとは言えませんね。ライバルは多いですけど。

というのも、輸入ビジネスはAmazonを販路とするのですが、参入者が増えるとその分だけ新規商品の登録が増えていくからです。

輸入ビジネスは椅子取りゲームのようなもので、はじめは椅子が10個しかなくてもその椅子を自分でどんどん増やしていくことができるのです。

飽和しそうだけど飽和しない理由はおもにこれでしょう。日々、市場が宇宙のように膨張しているイメージです。いつかAmazonの商品が並行輸入品だらけになってしまうのかなぁと考えてしまいます。

また、副業・起業というジャンルで見ると輸入ビジネスはマイナーな部類です。メジャーどころはアフィリエイト・せどりでしょう。法律とか複雑なこともからむため、爆発的に母数が増えない要因の1つです。

今から始めるのは遅いと思っている

輸入ビジネスをやっている人はもう何年も前からやっているんでしょ?自分が今から始めようなんて周回遅れでしょ。

そんなふうに考えていませんか?間違ってはいませんが、それが儲からない理由には直結していないのです。

センス・才能の差もあったりするのですが、大体の人は半年から1年の時間があれば副業でも月収10万~20万は稼げるでしょう。

今から始めるのは遅いからやめておこう、と考える人はこれから先も、何も行動を起こせない人です。

  • 何かを始めるのに遅すぎるということはない

先発組が有利とはよく言いますが、後発組は後発組なりに有利なこともあります。

  • ノウハウが出回っている。
  • 豊富なツールがある。

特に、MWS APIを利用した商品データを一括ダウンロードするリサーチツールを公開しているのは当ブログが初なのではないかと思っています。

先発組は後発組を恐れている、ということもあるし、後発組が強くて撤退を迫られるという先発組もいるでしょう。

また、たとえこの輸入ビジネスというビジネスモデルの寿命があと数年しかなかったとしても、手堅く稼げるビジネスなのであれば強欲に取り組んでいくべきです。

あと数年しか稼げないと思いながら、その数年間を全力で稼げばいいのです。終わったら終わったでまた違うビジネスモデルが生まれているかもしれません。そのときのための資金を稼ぐつもりでがんばってみましょう!

儲かると言っている人は詐欺師なのではないか?

わたしも輸入ビジネスをはじめようかどうしようかと悩んだときがあります。

実際に、当ブログにもたびたびあやしげな?広告掲載依頼が来ます。料金を明確にしていないものは即ゴミ箱行きです。(料金が明確でもブログ読者に利益をもたらしそうにないと判断したものも掲載はしていません)

それでネットの情報をたくさん調べたのですが、どこもかしこも儲かる話ばかりです。そしていつもお決まりの毒々しいページに高すぎる教材やコンサルティングの宣伝。いつもお決まりの『シンノジユウガー』などなど。

この人は自分をだましてお金を取ろうとしているのではないだろうか?

ずっとそう考えていました。

  • 実際にだまして儲けている人もたくさんいる。
  • しかし、『虎穴に入らずんば虎児を得ず』。

『えいや!』でアメリカのAmazonから20万くらいつぎ込んで仕入れてみるしかないです。(もちろん勉強はしっかりやってからね)

わたしはコンサルティングを受けましたが、結論としましては輸入ビジネスやるならネットに出回っている情報だけで十分儲けることができます

わたしのコンサル費は背中を押してもらうための金額であった、という意味のほうが大きいです。

ぶっちゃけ、ネットの情報のほうが濃いし、自分で積む経験はもっと濃いです。

当ブログは初心者の方が月10万円を稼ぐのに十分な情報と作業効率向上、時間短縮のツールを提供しています。量があって読むのが大変かもしれませんが一通り読んでみていただけるとうれしいです。

実は損しているやついるだろ

ネットの情報・ブログを読んでいると、みんな月に20万だの30万だの、100万だの!一般的なサラリーマン生活をしている人にとっては無縁な話ばかりを見かけます。

みんなとってもウハウハな感じでブログ書いていますよね。でもそれって本当なの?という疑惑、ありますよね。

わたしはぶっちゃけそういう話はあまり信用していません。というのも、人って不思議なもので良い話ばかりされると逆に不信感が湧いてくるんですよね。

ネガティブなこと言うなよ!っていう人もいるのですが、悪い面もしっかり伝えたほうが人から信用を得やすいのです。たしかこれは心理学的(セールス手法的?)にも両面提示とかなんとか言われてますね。

なぜみんな良いことしか書いていないのか?勉強が足りないからそれはあなたを輸入ビジネスの世界に引き込むことでお金を稼いでるからです。(人を騙すにしてももっとうまく騙して稼ごう)

実際にやってみたら輸入ビジネスで損した!借金作ってしまった!という人も、少なからずいると思います。でもみんなが儲かっている話しかしていないから恥ずかしいという気持ちがあって言えない。よってネット上で儲からないという話を見かけない。

お金の管理は財務の知識が必要になるのですが、輸入ビジネスをやっている人全員が財務の知識を持っているとは思えません。お金をしっかり管理できていなくて、『儲かってないのに儲かっているつもりになっている人・フリをしている人』はいるでしょう。

一番怖いのは、計算間違えていて利益出てないのに儲かっていると錯覚しているパターンですね。『いったいいつから儲かっていると錯覚していた?』的な。このパターン、絶対多いです。

しかし、これは逆に言えばお金の管理がしっかりできてさえいれば輸入ビジネスは怖くない、儲けることができるとも言えるのです。

これってビジネスでは当たり前のことなのですよね。お金の計算ができない人は損して当然です。

まとめ

  • 儲からないと思っている理由は飽和していると思っているからである
  • 今から始めるのは遅いと思っている
  • 良い話ばかり聞かせて、みんな自分からお金を巻き上げようとしていると思っている
  • 実は儲かっていなくて本当はみんな損している

いずれも事実ではありますが、100%そうではないです。どれも儲からないことには直結しません。関連はしていますけどね。

絶対に儲かるとは言いませんが、数ある副業の中でも再現性は高さは上位にランクインすることは断言できます。

輸入ビジネスをやろうかどうか迷っているのであれば、一度踏み込んで見ることをおすすめします。なぜなら、行動を起こさなければ絶対に儲けることはできないからです。

厳しい言い方になりますが、ここで行動を起こせない人は他のビジネス含めて何をやっても成功することはできないでしょう。何よりも行動力が大切です。マインド重視する人ばかりですが、わたしは行動力を重視しています。考えているだけでは人は変わらない。

儲からないかもしれないと思って行動を起こせない人はそれまでです。儲からないかもしれないけどやってみよう、やってみた結果やっぱり儲からなかった。やらずに儲からなかったのとやって儲からなかったでは意味合いが全く違います。

あなたは失敗したのではない、失敗という経験を積んだのです。確実に積み上げているものがそこにはあります。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-, ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.