ツールについて

[2018年最新]US Product Advertising APIキー取得できない?審査が厳しくなった

更新日:

今回の記事はブログ読者様よりご連絡です。当ブログで公開しているツールもProduct Advertising APIを利用していますので、情報を展開させていただきます。

アメリカのProduct Advertising APIキーの取得の審査が厳しくなった

Product Advertising API、略してPA-APIです。以下、PA APIでお話します。

Amazonの人がブログ・サイトを審査しに来る模様

PAAPIサイト審査の画像

画面中央を見てください。お気づきでしょうか?PA APIに関する説明が追加されています。

これを日本語に訳すと下記になります。

製品広告API重要なお知らせ

プロダクト広告APIの登録は、審査を経てアソシエイツプログラムに最終受諾されたアソシエイトにのみ利用可能です。

『お問い合わせ』フォームに必要事項を記入し、PA APIにアクセスするために例外が必要な理由の詳細を提供することで、承認のための例外を要求できます

あなたのリクエストは専門家によって審査され、3〜4日以内に回答が届きます現在PA APIにアクセスしている場合は、このメッセージを無視してください

PA APIに関しては前々から締め付けが厳しくなっていました。理由は、売上がないのにAPIを利用しまくっている開発者がいるからです。(どこのどいつだ!)

そのため、以前は売上が180日ない人に対してはAPIキーを無効にするといった措置が取られたわけですが、今回はさらに上乗せして、登録時にサイトの審査をすることになった模様。

ちなみに、すでにPA APIキー取得済みの人は継続してできるようです。実際にわたしも今使えております。

登録手順は基本的に変わらない

一応、現在PA APIキー取得のページを作成しております。やってみてわかったことはPA APIキーの登録手順は基本的に変わりはないです。

なので、下記ページから辿れるわたしの別ブログを参考にPA APIキー取得を試してみてください。

# 自分の所有するブログへのリンクは最小限にしなければならないという事情があります。直リン貼れなくてすみません。

追加で、最後にもうひと手間必要かと思われます。

登録完了後、Amazonアソシエイトページのお問い合わせページから審査依頼をする

ブログ・サイトの審査は下記ページより。

依頼のフォーマットは下記。

PA APIキー取得の審査依頼

画像のcommentsの英文は自分で考えてもらったものでもOKです。そこまで間違っていないとは思っていますが…。

とりあえず、わたしはこれで送ってみました。3,4日後に返信があるらしいので、回答が楽しみです。

Amazon.comにPA-APIキーの取得申請した後、実際に返ってきた回答

Amazon.com野郎から返事が来ました。

Dear associate,
We regret to inform you that we are unable to accept your request for access to the Product Advertising API. We have reviewed your site and found the following issues that prevent us from approving your account for access:
Upon review, we did not find a business justification or the one you provided does not explain how you intend to use the Product Advertising API.
However, your account is still pending review. In the meantime, you can make use of the other product linking tools available on Associate Central. You can learn more about building your website and making use of these tools via this link: https://affiliate-program.amazon.com/resource-center/?ac-ms-src=ac-nav.
FAQs on Product Linking can be found here: https://affiliate-program.amazon.com/help/node/202049370
If you still require Product Advertising API access, you may reapply for access by using the Contact Us form once the issues listed above have been resolved: https://affiliate-program.amazon.com/home/contact.
Thank you for your interest in the Associates Program.

We'd appreciate your feedback. Please use the buttons below to vote about your experience today.

Best regards,
Amazon.com

そのまま翻訳すると下記になります。

親愛なる同僚、
Product Advertising APIへのアクセスのリクエストを受け入れることができないことをお知らせいたします。お客様のサイトを確認したところ、次の問題により、アカウントのアクセスを承認できなくなりました。
審査の結果、ビジネス上の正当な理由が見つからなかったか、提供したものが商品広告APIの使い方を説明していないことが判明しました。
ただし、お客様のアカウントは審査待ちです。その間、Associate Centralで利用可能な他の製品リンクツールを利用することができます。あなたのウェブサイトを構築し、これらのツールを使用する方法については、https://affiliate-program.amazon.com/resource-center/?ac-ms-src = ac-navを参照してください。
製品のリンクに関するよくある質問は、https://affiliate-program.amazon.com/help/node/202049370をご覧ください。
プロダクト広告APIのアクセスが依然として必要な場合は、上記の問題が解決されたら、お問い合わせフォームを使用して再アクセスすることができます:https://affiliate-program.amazon.com/home/contact。
アソシエイツプログラムへのご関心をお寄せいただきありがとうございます。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます。今日のあなたの経験について投票するには、以下のボタンを使用してください。

宜しくお願いします、
Amazon.com

これを要約すると下記になります。

  • まず最初に、お前のところにはPA-APIキー使わせてやらないよ!
  • 理由は、お前のブログ・webサイトがAmazon.comの売上にはつながらないと思ったから。

実はこの時、30万PVぐらいの超人気?ブログを指定したんですけどね。申請通りませんでした。

おそらくPA-APIキーの申請を通すには下記のことが大切なのでしょう。

  • PV数は関係ない。
  • Amazon.comの売上につながるかが重要。
  • Amazon.comで販売されている商品のレビュー・評価といったブログは強いと思われる。

現在、続々とPA-APIキーが使えなくなっている人が増えています。US MWS APIキーを使ったツールに移行したほうが良いかもしれません。

まとめ

  • 2018年、Amazon.comのProduct Advertising APIキー取得の審査が厳しくなった模様。
  • 取得手順に変わりはない。
  • 最後にブログ・サイトをいちいちAmazon様にお問い合わせしなければならなくなったという改悪。

Amazonってホントにヒドイです。こんなにコロコロと規約と仕様変更をする会社を見たことがありません。日本企業じゃあまずありえないですね。

たとえば、webサイトの購入ボタンの位置とか、文言とか、ページの遷移の仕方とか、こういったものをすべてひっくるめて『インタフェース』と呼びます。

このインタフェースを変更するということは、ヘタをするとお客様がもう使ってくれなくなる可能性もあるわけです。

  • 使い勝手が悪くなった。
  • インタフェース仕様の変更が多くて毎回覚えるのが面倒。
  • もう使うのやめよ…。

インタフェース仕様の変更というのはかなりの重罪で、わたしが公開するツールもインタフェース仕様の変更だけはしていません。それだけやってはいけないことなんです。それをこんなにコロコロと…。さすがこの世の神、Amazonです。

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-ツールについて
-,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.