世界Amazon対応のStocker

Amazon輸入ビジネス

Takewariの代わりに世界Amazonの商品データを一括ダウンロードするツール『Stocker2』作ってみた

投稿日:

非常に残念なことに…多くの輸入ビジネスセラーがお世話になっていたTakewari様がお亡くなりになりました…。

代わりにMogitorというサイトができあがりましたが…なんとも重い、不安定…わたしだけ?安定したとしても、ASINを1個ずつチェックするのは大変ですよね。

ということで、Stockerの拡張版、Stocker2を開発し、世界のAmazonの商品データを一括ダウンロードできるツールを作成してみました。

対応しているAmazonは下記になります。

略称
日本 jp
アメリカ us
イギリス uk
ドイツ de
イタリア it
フランス fr
スペイン es
カナダ ca

未対応Amazon

その他にメキシコ・ブラジル・中国・オーストラリアがありますが、現時点では未対応です。要望があれば対応を検討します。

使い方

基本的な使い方はStockerと同じです。下記の記事を一読の上、参考にしてみてください

本記事ではStockerと比較して、拡張部分について記載します。

設定

MWS APIキーの設定についてはStockerと同じのため、省略します。

ライセンスキー

Stocker2左上の『設定』より、設定画面を開きます

『オプション』タブより、下記のように設定をお願いします。最後に『保存』ボタンをクリックしてください。

stockerライセンスキー

ライセンスキーについては、当ブログよりプライスター・マカドをお申し込みの方に、注文番号から発行しております。詳細は下記の記事を参考にしてください。

すでにお申込み済みの方は、monoPeak2のライセンスキーを入力することで動作します。また、まだライセンスキーを発行してもらっていないという方は、プライスター・マカドの注文番号を添えて下記のお問い合わせページよりご連絡お願いします。(注文番号はインフォトップより確認できます)

PA APIキー(Product Advertising APIキー)

世界のAmazonに対応しましたので、それぞれPA APIキーが必要になります。

1つのアソシエイトタグにつき、各国のAmazonのPA APIキーを取得できますが、1つのAPIキーにつき、1時間に20,000件のデータ取得という制限があるため、それぞれアソシエイトタグを取得することを強く推奨します。国が違っていてもAPIキーの資源は共有される模様です。

要は、1Amazonにつき1メールアドレスを取得し、それをもとにアソシエイトタグ、PA APIキー発行していただく、ということです。(お手数おかけします…Amazonの仕様を恨んでください)

PA APIキーを設定し、『保存』ボタンをクリックしてください。

stocke paapiキー設定

01_asinフォルダ 世界AmazonのASIN不一致合わせ

Stockerと比較して、01_asinフォルダに下記ファイルが追加になりました。

  • 02_ukasin_relate_table.csv
  • 03_deasin_relate_table.csv
  • 04_itasin_relate_table.csv
  • 05_frasin_relate_table.csv
  • 06_esasin_relate_table.csv
  • 07_caasin_relate_table.csv

Stocker同様、下記画像のようにASIN合わせを行ってください。下記画像は例です。『us』となっていますが、uk、itなど、適切に読み替えてください。

ASINリストの詳細説明

機能

基本的に機能も仕様もStockerと同じです。拡張部分について記載します。

出力結果

まず最初に出力結果です。

stocker2出力結果

小さくてすみません…。これでも結構詰め込みました…。

世界のAmazonの価格データを一括取得

アメリカAmazonだけではなく、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、スペイン、カナダのAmazonにも対応しました。

取得結果はその国の通貨となります。たとえば、イギリスで10£の商品であれば、10として出力します。つまり日本円換算はしていないということです。

為替レート一括取得機能を追加

世界のAmazonに対応していくと、各国の通貨の為替レートを調べるのが大変になりますよね。なので、ツール側で為替レートを取得しています。

下記画像の『copy』ボタンをクリックすることで、『クリップボード』に為替データがコピーされます。

stocker2 copyボタン

適当なエクセルを開いて『Ctrl + V』を試してみてください。下記のように貼付けされます。

為替レート

JAN, EAN, UPCを取得できるよう改造

JAN, EAN, UPC、これらのデータほしいという要望がありました。特典限定となってしまい申し訳ございませんが、取得できるように改造しました。(あ、ダメだ、US PA-APIから取得してた。日本PA-APIから取得しないと意味ないじゃん…)

サイズもツール側で計算

縦、横、高さについて、今まではデータ取得のみでしたが、ツール側で計算して出力するようになりました。

APIキーの診断機能は削除

Stockerでは処理実行前に、APIキーが適切かどうか判定する診断機能がありましたが、これを廃止しました。

理由は、PA APIキーはもともと精度があまり高くなく、正しく設定していてもデータ取得に失敗することがあります。

すべてのPA APIキーを診断していると、1つくらいは正常に設定していてもデータ取得ができないといったケースが発生する可能性があるため、診断機能があることで正常に動作しなくなる可能性があるためです。

おそれいりますが、APIキーの設定はお間違えのないようご注意願います。

ダウンロード

Vectorよりダウンロードできます。下記ページよりダウンロードお願いします。

2018.06.21時点 とりあえずアルファ版、テスト版とします。

 

スポンサドリンク




スポンサドリンク




-Amazon輸入ビジネス
-, , ,

Copyright© 自作ツールと輸入ビジネス , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.